夏休みの2週間をベトナムで過ごしてきました。その間にたくさんのことを体感し吸収してきたように思います。以下学んだこと、感じたことの大きく2点について触れます。

1つ目としては両国の良いところを知れたことです。

ベトナムの人は未来に対して明るいイメージを抱いている印象があります。フエやアンザン大学の学生からも、将来に対する目標や意欲の話を多く聞くことができました。

ユン先生のお話にもあったように、今後今以上に発展してゆくという確信を皆が持っている気がします。発展を信じ“これから”を見据える姿は、同年代の私たちも見習うべきだと強く感じました。

1411124035743

その一方で日本の良さも幾度となく発見したのも事実です。高衛生の食品が店頭に並ぶこと、横断歩道を安心して渡れること。小さな当たり前が普通ではないと知って、自分がいかに日本という枠に守られて生きてきたのかを実感しました。

両国とも単純には比べられない良いところがたくさんあります。人間にとって本当の豊かさとは何なのだろう、と考えさせられました。

2つ目は多くの人と出会えたことです。事後研修の終わりにフェラン先生と話した時、「あなたは最初からすごかったのだから、そんなに成長していないんじゃない?」と言われましたが、それは違うと思います。今までの人生、たった2週間で人の心にこれほど近づいたことはありませんでした。ベトナムで出会った大学生と今も連絡を取り合う仲になるとは思っていませんでしたし、何よりリアル・アジアのメンバーがこんなに大切な存在になるとは想像していませんでした。短い期間で自分をさらけ出し、信じて頼って受け入れて。先生方や先輩方、様々な人に心配されて支えられていたことを知りました。

20140928_020606

家族だと言ってくれたベトナムの友達、がんばれ!と送り出してくれた日本の友達、家族、仲間にしてくれたリアル・アジア5のみんな。自分にとって大切で感謝すべき人がたくさんいることに改めて気づかされらる機会にもなりました。

今回かかわった多くの人が私にとって先輩なので、見習うことやこんな人になってゆきたいと思うことばかりでしたが、その経験も1年生の特権だと考えています。“これから”の目標をたくさん見つけて帰ってきました。将来の自分が、リアル・アジアに参加していた頃が1番良かったと感じないくらい、これからも前進し続けたいです。

ベトナムで出会った人、この研修にかかわった多くの人に感謝します。

素敵な経験をさせてくれてありがとうございました。xin cam on!

Share Button

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *