Shopping in Vietnam

Shopping in Vietnam

私は今回のベトナム研修に参加するにあたり、「ベトナムのお店」について着目しました。

以下、三点の項目について自分の想像と現実で違ったこと、そして感じたことを述べたいと思います。

(1)日本とベトナムの物価の違い

(2)ベトナムのお店

(3)観光地での店員の態度

 

(1)物価は日本のほうが断然高く、ベトナムは断然低い。というのが私の当初の想像でした。実際ベトナムで買い物してみてそれはだいたい正解でした。ベトナムでは日本の物価のおおよそ半分から三分の一くらいが相場です。例えば、缶ジュースは日本で買えば100円前後ですが、ベトナムでは50円前後です。ただ予想と違ったのは物価の差の幅で、10万円持っていけば車を新車でかえるんじゃないかと思ってましたが、それはないです。また、ベトナムの通貨はドンです。日本円に換算する場合は、200でドンを割ります。例えば10000ドンは日本円に換算すると50円です。ベトナムでは値札に0がたくさんあって桁が大きいのですが、日本円に換算するととても安いので、そのギャップも大きな特徴だと思います。

余談ですが、ベトナムでは外国産の車には本体価格の三倍近くの税金がかかるそうなので、ベトナム国内で外車に乗っている人は相当のお金持ちということになります。

(2)ベトナムにはコンビニくらいあるだろうと出発前にメンバーと話していたのですが、セブンイレブンやファミリーマートのようなコンビニは一切見かけませんでした。ちょっとした買い物は日本ではみかけなくなってきた駄菓子屋のような、入り口に扉の無いお店で行います。そこには飲み物やお菓子、雑貨などが売っていますが、日本のコンビニほど充実した品ぞろえはありません。一年中ほぼ暑い気候のせいか、開放的なお店が多く、レストランではお店の外までテーブルが用意されているところが多いです。また、屋台のような形態のお店が多いのも非常に特徴的でした。みんな外で飲み食いしていて活気があり、いつでもお祭りのような印象を受けました。

(3)ベトナムでは値切り交渉ができるという前情報がありました。そのため、観光地で買い物する場合はほとんど値切り交渉を行いました。我々はフエ市にある市場にいきました。値札のようなものはなく、定価はありません。そのため、お金を持っていると思われている日本人には容赦なく高い値段で売ってきます。我々は提示された額よりも半額で購入できれば大健闘なので、しつこく何度も理想の価格を言います。店員さんも慣れているようで、なかなか簡単にはまけてくれないのですが、「その値段なら買いません」の一言で大概はやすくなります。店員さんはすぐ買わせようとするのですが、ちゃんと話を聞いてくれるし、たくさん会話するので非常に楽しい買い物になります。日本では見ることができない光景です。

最後に

ベトナムのお店の形態は、特徴的で日本では見られないものばかりで非常に楽しいです。予想外のことに驚きの連続です。物価が今でこそ日本の半分くらいですが、インフラ整備がどんどん進んでいたり、活気のある街を目の当たりにして、これからどんどん成長していくんだろうと予想できます。5年後10年後は新しい表情をベトナムは見せてくれるはずです。ぜひまた訪れたい国です。

Share Button

2 Responses to Shopping in Vietnam

  • Kana Konno

    私もベトナムに来て初めて驚いたのが、お店の様相です。たくさんの人が行き交っていて日本にはない活気を感じました。値切り交渉を通じての店員さんとのコミュニケーションもベトナムの魅力ですよね。今後どう変化してゆくのか、また自分の目で確かめたいですね!

  • Marika Yamori

    私も安すぎる値段を見て唖然とすることが多くありました。250円くらいのTシャツを買って、洗っても色褪せたりなどせず、しっかりとしているため、日本の物価が高すぎているのではという疑問も抱きました。
    また値切りをすることで、楽しく買い物ができましたね。こういう文化を残しながら、経済が発展していってほしいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *