ベトナムと日本の米の違い

ベトナムと日本の米の違い

ベトナムの米と日本の米には、共通点と相違点の両方が混在していると考えられる。

共通点は、白米を主食とすることである。炊いた白米を皿や茶碗に盛り、肉や野菜などをおかずとして食べることが共通している。

相違点は、米の食感である。日本の白米は粘性が強く、水分含量が多く感じられるが、ベトナムの白米はパラパラした食感で、水分含量が少なく感じられることである。そのため、ベトナムの米はチャーハンのような油で炒めた料理に適しており、そのようなご飯料理を食べる機会も多かったように感じる。

以上のような特徴により、今後ベトナムの米をチャーハン用の米として、日本でも活用できるのではないかと考えられる。

Share Button

One Response to ベトナムと日本の米の違い

  • Ryo Tominaga

    水分の少ないお米に慣れてきたので、帰国後日本のお米はすぐおなかいっぱいになりそうですね。
    言われてみれば、おかずは逆に水分や油分が多かった気がしました!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *